横浜市歯科医師会

妊婦歯科健診

妊婦歯科健診とは

妊娠すると、ホルモンバランスの変化やつわりによる歯みがき不足などが原因で、歯肉が腫れやすくなったり、むし歯になりやすい状態となります。重度の歯周病により、早産・低体重児出産の頻度が高まる可能性も報告されています。ママのお口の中の健康状態が、生まれてくる赤ちゃんに大きく影響します。
また、妊娠中の歯科治療は、時期により使用できる薬剤が変わります。症状が出る前に妊婦歯科健診でお口のトラブルを回避しましょう。
横浜市では市民を対象に無料で健診を行っています。

妊娠期の歯・お口の健康リスク

妊娠により女性ホルモンが急激に増加することで、プレボテラ・インターメディアという歯周病原性細菌が増殖しやすくなり、また血管の透過性が高まり、唾液の粘性が高まって口腔の自浄性が低下することで歯肉の炎症や出血が起こりやすくなります。
また、「つわり」による食嗜好の変化や歯みがきの困難、胎児の発育による食事回数の増加とそれに応じた口腔ケアが不足しがちなことなどにより、口腔環境は悪化してむし歯や歯周疾患のリスクは高くなります。

妊娠時に見られやすい歯やお口の問題

・歯肉に腫れや出血がある
・冷たいものや熱いものがしみる
・歯や歯肉に痛みがある
・唾液が粘っこい感じがする
・気分が悪く、歯みがきができない
・食事回数が増えて、歯垢が溜まりやすく感じる

横浜市妊婦歯科健診の受診条件

横浜市に住民登録している妊婦が対象です
<回数>妊娠期間中に一回のみ
<料金>無料
<必要なもの>
・母子健康手帳
・産科診察券
・横浜市妊婦歯科健診受診券

※母子手帳・受診券のご相談は横浜市こども青少年局こども家庭課まで(TEL 045-671-2455

妊婦歯科健診実施医療機関

健診を御希望の方は、事前予約をお願いいたします。